登場人物の解説、名前に隠された秘密

★初号機、第13号機パイロット:碇シンジ

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに(゜レ゜)ikarisinji.jpg
右の画像は自作のため転載禁止です(^O^)/
シャーペンで下書きしてからペイントなどで色付けしてみました!


・年齢は14歳。※なぜ14歳なのかはQのページへ。
・第3新東京市立第壱中学校2年A組の生徒。


碇シンジは碇ユイ碇ゲンドウの息子で、幼い頃から碇ゲンドウの元を離れ生活しています。


たまにシンジが「先生」と口にする人物に預けられていたようです。

この先生って言うのは職業が先生ってわけではなく、ゲンドウさんの親戚的な立場の人ではないかって言われています。




しかし、2015年のある日突如父親の碇ゲンドウに第三新東京市のネルフ本部に呼び出され、そこからエヴァンゲリオン初号機のパイロット、サードチルドレン(3人目の適格者)となります。
★テレビ版第壱話


基本的な性格としては、内向的でコミュニケーションを取るのが苦手で、他人とは何事もなく接していますが、父親(碇ゲンドウ)を一番苦手としています。


苦手としている反面、綾波レイとゲンドウが楽しげに会話しているのを見て羨ましそうな表情をしたり、エヴァンゲリオン新劇場版:破で使徒を倒したとき、アスカに対して「初めて父さんが褒めてくれたんだ」と言っていることから、苦手としている反面本当は父親に褒めてもらいたいという感情が強く、コンプレックスにもなっています。


ほとんどアニメとかヒーローものでは、悪者を倒す主人公、ヒーローは絶対的な自信や、みんなを守りたい!っていう正義感に満ち溢れいる人ばかり。

ですがこのエヴァンゲリオンの主人公である碇シンジは、常に自分の存在意義を見失って、自分も世界もどうなったって構わないという感じで、はじめの方なんかエヴァに乗るのも嫌々でした。


ですがこのシンジのやる気スイッチはやっぱりこの人、綾波レイ

乗らない!って父親と喧嘩することもしばしばですが、綾波レイに何かあると「僕はエヴァンゲリオン初号機パイロットです!」なんて態度一変します。


この一般的なヒーローの印象・性格とは真逆な性格は、"アンチヒーロー"という言い方もされています。yurusyogouki.jpgのサムネイル画像

常に他人と自分との距離を怖がり、まさに思春期の人間関係で悩む、誰にでもあるような心の葛藤や悩みを表した人物です。


こんなヒーローっぽくなく、ホントどこにでもいるような少年って感じが人気の秘密というか、親近感が持てるんですかね。


ってことでシンジは綾波レイが大好きです。大好きってよりは、好意を持っている存在。なんか綾波レイはほかっておけないというか、気になる存在。

エヴァンゲリオンでは、シンジが綾波を助けるシーン、綾波のために戦うシーンがたまに出てきます。


この、綾波を助けたい!って気持ちが、エヴァンゲリオン劇場版:2.0 破ではエヴァンゲリオン初号機を覚醒へと導き、サードインパクト(正式にはニア・サードインパクト)を起こしてしまいます。


このサードインパクトは仕組まれたものであり、劇中でも冬月が「やはり初号機の覚醒はシンジ君とレイで起きたな」って言ってます。

この辺についてはゼーレのシナリオやらゲンドウの思惑が絡んできます。



>>次の記事「★零号機、MARK.09パイロット:綾波レイ。そして碇ユイ」へ


●関連記事
EVA初号機からMARK6まで。Q公開までに登場しているEVA
第3新東京市立第壱中学校の生徒たち









このエントリーをはてなブックマークに追加





シン・エヴァを含む、エヴァ最新情報!

 

 登場人物の解説、名前に隠された秘密

 

EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

 

エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

 

ZEELE(ゼーレ)関連の謎

 

特務機関 NERV(ネルフ)の謎

 

使徒の紹介!名前に隠された秘密

 

謎多きエヴァンゲリオンの用語解説&ストーリーやセリフの解説

 

わたしの愛すべきEVAグッズたち公開ちゅう!

 

わたしが行ったエヴァンゲリオン関連イベント

 

おすすめ通販サイト