登場人物の解説、名前に隠された秘密

★ゼーレ(ZEELE)、人類補完委員会とは。キールについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずゼーレと人類補完委員会は全く別のものです。

ゼーレは遠い昔から世界を操っている国際秘密結社で、「裏死海文書」に沿って、"ゼーレのシナリオ"を遂行するもの。
死海文書と裏死海文書の違いについてはこちらへ。


人類補完委員会のメンバーは米、英、露、仏の代表、そして独のキール・ローレンツを加えた合計5名です。


このゼーレと人類補完委員会が全く別の組織であると言うことは、第弐捨壱話の「委員会ではなくゼーレのおでましとはな」という冬月のセリフからもわかります。


ですが、この人類補完委員会のメンバーは、同時にゼーレにも加入している人物もいます。

よく、モノリス(黒い長方形のものに01、02などと書かれた音声のみの物体)と碇ゲンドウが会話しているシーンなどでは、このモノリスは12人いることがわかります。


ゼーレの中の最高幹部は12名いるということです。


ですが、「序」ではゼーレの人数は7名に変更されています。


ちなみに、このゼーレっていうのはドイツ語で魂って意味だそうです。

で、キール・ローレンツという存在は、人類補完委員会では議長という立場で、ゼーレでも01の立場でもあります。


このキール・ローレンツは、碇ゲンドウの行動を何かしらかばう傾向にあり、それは人類補完計画の遂行のためであるとされます。

次第にこのゼーレと碇ゲンドウとの人類補完計画の差に気づき、第弐拾参話以降、ネルフに渚カヲルを送り込んだり、劇場版ではネルフを侵略、その後EVA量産型を登場させるなど、自身の望んだ人類補完計画へとすすめます。



このゼーレが目的としている人類補完計画と、ゲンドウの企む人類補完計画には違いがあります。

この違いについてはこちらを。


※ここからQのネタバレ。


Qでも、モノリスとゲンドウが対話しているシーンが登場します。

これまで私はこのキールたちは実際に生きているんだと思っていましたが、どうやらQでのシーンからわかるのは人類とは別の存在。


モノリスに自分の情報をコピーし、人類を導いてきた存在
というとで、冬月が電源を落としたところでそれに終止符をうった形にみえます。


Qで新たな可能性が出てきたこのゼーレについてはQを参考に。


そしてゼーレのシンボルの秘密については詳しくはこちらへ。


<<前の記事「★MARK.06、第13号機パイロット:渚カヲル。 第1使徒?17使徒?」へ
>>次の記事「★ネルフ(NERV)の人たち。ゲンドウ、葛城ミサトなど」へ


●関連記事
ゼーレ(ZEELE)のロゴの意味、秘密。「裏死海文書」「死海文書」とは?
"ゼーレのシナリオ"とは。ゼーレの人類補完計画。生命の樹について









このエントリーをはてなブックマークに追加





シン・エヴァを含む、エヴァ最新情報!

 

 登場人物の解説、名前に隠された秘密

 

EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

 

エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

 

ZEELE(ゼーレ)関連の謎

 

特務機関 NERV(ネルフ)の謎

 

使徒の紹介!名前に隠された秘密

 

謎多きエヴァンゲリオンの用語解説&ストーリーやセリフの解説

 

わたしの愛すべきEVAグッズたち公開ちゅう!

 

わたしが行ったエヴァンゲリオン関連イベント

 

おすすめ通販サイト