使徒の紹介!名前に隠された秘密

第3使徒から第18使徒までの解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、アダムとリリスの関係についてこちらを読んでください。

エヴァンゲリオンにおける使徒とは、angelと表記され、その使徒の名称に関しても聖書偽典のエノク書に出てくる天使の名前からきています。


この使徒は、ネルフ本部下のセントラルドグマの巨人との融合を果たし、
インパクトを起こすことでしたが、セントラルドグマにいたのはアダムではなくリリスでした。


テレビ版では・・・

■第参使徒 サキエル (SACHIEL)

第壱話、第弍話で登場し、セカンドインパクト以降15年ぶりに人類の前に登場した使徒。
二足歩行するし腕もあり、使徒の中でも極めて人間に近い形をしています。

sakiel.jpg


使徒が持つATフィールドによって、国連軍の通常兵器は無効化されていた。
国連軍が放ったN2地雷も、足止めにもならないほどでした。

ただ攻撃をATフィールドで防ぐだけではなく、飛来してきたミサイルを手でうけとめ、この攻撃によってサキエルはミサイルと同じ攻撃、長距離攻撃を身につける。

つまり、学習能力を持っているということ。


また、国連軍からの度重なる攻撃によってサキエルは2つめの顔らしきものを出現させ、その顔らしきものから光線を出すなどして対抗した。


初号機出撃すると、右目を負傷させ、一時は沈黙させたものの、暴走した初号機により反撃を受け、最終的には自爆した。

キリスト教では、サキエルは水を司る天使とされています。


新劇場版では、第4使徒として登場しました。




■第四使徒 シャムシエル (SHAMSHEL)

テレビ版 第参話に登場した使徒で、第参使徒の襲来からわずか3週間ほどで第三新東京市に現れた。

yurusito5th.jpg

その形は失礼な話ですがパッと見はイカみたいで、海から現れました。


体の形状はその状況に応じて若干変化するようで、飛行時には腕が折りたたまれたりと、形態的には昆虫に近いです。

基本となる腕のほかに長い触手にような光を帯びたものが存在し、これを操ることで攻撃する。


初号機のアンビリカルケーブルを切断するも、初号機にプログレッシブナイフをコアの突き刺され、殲滅された。

コア以外破損がほとんどなかったため、ネルフによって捕獲され使徒のサンプルとして使われた。


キリスト教では、シャムシエルは昼を司る天使とされています。


新劇場版では、第5使徒して登場しました。


■第五使徒 ラミエル (RAMIEL)

テレビ版 第五話、六話に登場し、青い正八面体の外見で、これまでの使徒とは似ても似つかない形状です。

yasima.jpg

またそれは、使徒の弱点といえるコアを表に出していない部分からもわかります。


強力なATフィールドを展開し、出撃して間もない初号機と、まだ発砲前の零号機に対して先制攻撃をかますなど、防衛能力の高い使徒です。


エヴァに先制攻撃したあとは、ジオフロントの深い場所に位置するネルフを目標として侵入しようとしましたが、葛城ミサトにより「ヤシマ作戦」が開始される。


初号機と零号機により、日本全国の電力を集めた陽電子砲で殲滅された。


キリスト教では、ラミエルは雷を司る天使とされています。




■第6使徒 ガギエル (GAGHIEL)

テレビ版 第八話に登場し、外見は魚の形状そのもので、水中での戦闘を得意とする使徒。

エヴァ弐号機を輸送中の国連海軍らを狙った使徒で、ネルフ本部を目指さない使徒は初めてであった。


体当たりして国連海軍の戦艦をもろともせず破壊していくが、弐号機と交戦し、戦艦からの零距離での同時射撃により殲滅されている。

このときエヴァ弐号機とともにセカンドチルドレンである惣流・アスカ・ラングレーも同行しており、これらを狙ったものとされているが、実際のところは加持がゲンドウの元へ届けるために持っていたアダムを狙ったものでした。


キリスト教では、ガギエルは魚を象徴する天使とされています。


■第7使徒 イスラフェル (ISRAFEL)

テレビ版 第九話に登場し、二足歩行もでき、主な攻撃は顔から放射される光線です。
初号機と弐号機により、イスラフェルは2つに両断され、殲滅されたかと思われましたが、分裂し2つになるという能力を持っていた。

yurusito7th.jpg

片方が負傷したとしても、もう片方が生きていれば殲滅されることがない使徒。


これによりシンジとアスカのユニゾン攻撃により、2つのコアを同時に壊すことで撃破された。


キリスト教では、イスラフェルは音楽を司る天使とされています。


※新劇場版:破では、第7の使徒は、
デコイを持つ使徒で、弐号機に殲滅されました。




■第8使徒 サンダルフォン (SANDALPHON)

テレビ版 第捨話に登場した使徒で、浅間山火口内で発見されました。

発見されたときにはまだ胎児、蛹のような状態で、成長する前の状態であったことから、Aー17(使徒捕獲作戦)を対高熱高圧仕様の弐号機により開始するものの、作戦途中で羽化を始めてしまう。

蛹の状態のときには、人間に酷似していたのにも関わらず、羽化後はアノマロカリスのような形状となり、高温・高圧のマグマの中を自由に泳ぐことができていた。

羽化後、一度は弐号機を追い詰めるものの、弐号機により冷却液で殲滅された。

キリスト教では、サンダルフォンは胎児を司る天使です。


■第9使徒 マトリエル (MATRIEL)

テレビ版 第捨壱話に登場し、半球のような胴体から長い4本の脚のようなものが生えた蜘蛛に似た使徒。

停電中のネルフに襲来し、強力な溶解液を流し込み侵入しようとしましたが、エヴァ初号機、零号機、弐号機による攻撃で撃破された。


キリスト教では、マトリエルは雨を司どる天使とされています。


■第10使徒 サハクィエル (SAHAQUIEL)

テレビ版 第捨弐話に登場し、インド洋上空の衛星軌道上で発見されたのち、自分の体の一部をATフィールドごと落下させることで誤差修正を試み、最終的にはネルフの正確な位置に自分の本体ごと落下させることが目的のようでした。

yurusito8th.jpg


葛城ミサトはエヴァ3機でこの使徒ごと受け止める作戦を発案しますが、落下地点に間に合ったのは初号機のみで、その後弐号機と零号機が到着し、殲滅された。

キリスト教では、サハクィエルは空を司る天使とされています。


新劇場版では、第8の使徒として登場。


■第11使徒 イロウル (IREUL)

テレビ版 第拾参話に登場し、微生物サイズ集合体の使徒で、ネルフ本部の壁のシミとして出現したのち、MAGIシステムへのハッキングを試みる。


MAGIシステムはネルフのメインコンピューターであり、自分がアダムと接触するのではなく、ハッキングすることによりまず障害となるネルフ本部の自爆を提訴することが目的であった。

ハッキングによりMAGI3基のうちメルキオールとバルタザールの乗っ取りに成功するも、赤木リツコによるプログラムにより自滅した。


キリスト教では、イロウルは恐怖を司る天使とされています。


■第12使徒 レリエル (LELIEL)

テレビ版 第拾六話に登場し、浮かんでいる球体が本体だと思われていたが、本体は実は球体の下の影であった。

本体自体を瞬間移動させる能力もあり、実体の中は空間を内向きのATフィールドで支え、内部はディラックの海と呼ばれる虚数空間でできている。


これにより初号機をこの虚数空間内に消失してしまう結果となる。

シンジと初号機を取り込んだままの使徒に、なすすべがないネルフでした。

この空間にエヴァを取り込んだ使徒は、シンジを依代としてコミュニケーションを図ろうとします。


この行動も、これまでの使徒にはない行動でした。

そして初号機の暴走により、内側から引き裂かれる形となって殲滅された。

キリスト教では、レリエルは死を司る天使とされています。


■第13使徒 バルディエル (BARDIEL)

テレビ 版第拾八話に登場し、アメリカのネルフ支部から日本に輸送されていたエヴァ参号機に侵食していた使徒。

エントリープラグが挿入されたときはじめてパターン青と認識される結果となり、大きな爆発を起こしパイロットを乗せたままネルフを目指した。


弐号機と零号機が阻止を試みるも、侵食した相手の能力を高めることができるためか、
2機とも沈黙させられてしまう。

初号機のダミーシステムにて撃破された。


キリスト教ではバルディエルは霰を司る天使とされています。




■第14使徒 ゼルエル (ZERUEL)

テレビ版 第拾九話に登場し、戦闘力に優れた使徒で、折りたたまれた腕のようなもので直接攻撃するほか、放射される光線はこれまでの使徒の破壊力とは比べ物にならないほどの威力でした。

zelel.jpg


状況に応じて、コアを覆い守るような姿も見られた。

弐号機でも殲滅には至らず、零号機がN2爆弾によりコアを攻撃してもシールドで守られ、
初号機が覚醒したことにより撃破され、その後初号機に捕食された。


この捕食によりゼルエルのS2機関を初号機は手に入れる。

キリスト教では、ゼルエルは力を司る天使です。


新劇場版:破では第10使徒として登場。


■第15使徒 アラエル (ARAEL)

テレビ版 第弐拾弐話に登場し、光輝く鳥のような形状で、コアを露出しているにも関わらず、衛生軌道上に停滞しているため、エヴァは攻撃すら出来ずにいた。

その後、ATフィールドに似たような可視光エネルギー波を弐号機に発射し、それにより弐号機パイロットの惣流・アスカ・ラングレーの精神に攻撃をしかけることで弐号機を活動できなくさせるほどにする。


零号機が投げたロンギヌスの槍により撃破されることとなる。

キリスト教では、アラエルは鳥を司る天使とされています。





■第16使徒 アルミサエル (ALMISAEL)

テレビ版 第弐拾参話に登場し、二重の螺旋状のような形状をしていたが、その先端の形状などが自在に変形するため、形が決まっていない。


パイロットと零号機との融合を侵食し、融合しようとするが、零号機の自爆により殲滅された。


キリスト教では、アルミサエルは子宮を司る天使とされています。




■第17使徒 タブリス (TABRIS)

これは、渚カヲルのこと。

sigtagakikaworu_s.jpg

テレビ版 第弐拾四話に登場し、ゼーレによりアダムの魂を入れられたクローンであり、弐号機とのシンクロをコアの変換なしに驚異的な数値を記録するほど、シンクロ率を自在に設定できる能力を持つ。


ネルフのセントラルドグマに侵入し、アダムだと思ってリリスの元へいくものの、そこにいたのがリリスであることを知り、初号機によりにぎりつぶされ殲滅される。


キリスト教では、タブリスは自由意思を司る天使とされています。

※ちなみに、右の画像は下書き状態のもの。
転載禁止ですっ
完成品は登場人物のカヲルのページにあるよん。


■第18使徒 リリン (LILIN)

人類(人間)のことです。

この第3使徒から第17使徒まではアダムから生まれたもので、第18使徒のリリンはリリスから生まれたとされています。


このリリンとは、ユダヤ教ではアダムと最初の妻であるリリスの間に生まれた子供達のことだという説や、アダムの元からリリスが去ったあと、リリスと悪魔の間に出来た子供達だという説もあります。


が、結局のところ、リリンとは悪魔と称されることがほとんど。

人間が悪魔・・・その通りだと思います。(;´Д`A




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみに・・・
新劇場版:破にて第3の使徒として登場した使徒。↓
yurusito3th.jpg

足がたくさんあって、ベタニアベースにてアケロンを目指していたところを、真希波・マリ・イラストリアスの仮設5号機に殲滅されました。




●●新劇場版「Q」での設定●●

■第12の使徒

新劇場版:Qで登場した使徒で、マリは最後の使徒と言っていた。

リリスごと体を突き刺す状態で放置される形となっていたMARK.06の中に潜んでいた、あるいは眠らされていた使徒。


刺さっていたロンギヌスの槍が、第13号機に抜かれたことにより活動を再会するも、アヤナミレイが搭乗するMARK9により首が刈られる。

その後は第13号機に侵食しようとするも、第13号機が覚醒し殲滅された。


この第12の使徒がMARK6にどういった経緯で潜んでいたのかは、現在でも不明なままです。

次回のFINALで謎が解けるとも思えません。

このへんのストーリーについては新劇場版:Qの解説を読んでください。




■第13の使徒

本来あるはずのない第13の使徒。

これは第1使徒であるカヲルがゲンドウの思惑によって第13の使徒となったことにより出来た使徒。


これによりカヲルは命を落とすこととなる。


<<前の記事「アダム(白き月)とリリス(黒き月)とリリン、使徒とエヴァ。知恵の実と生命の実。」へ
>>次の記事「★Qの「ネーメジスシリーズ」とは?そしてネブカドネザルの鍵」へ


●関連記事
EVAのコアと電源(アンビリカルケーブル)、そしてS2機関とは
パターン「青」使徒、EVAブラッドタイプの解説
★A.T.フィールドとロンギヌスの槍、カシウスの槍。"リビドーとデストルドー"
★ファーストインパクト、セカンドインパクト、サードインパクト(ニア)、フォースインパクト全容









このエントリーをはてなブックマークに追加





シン・エヴァを含む、エヴァ最新情報!

 

 登場人物の解説、名前に隠された秘密

 

EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

 

エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

 

ZEELE(ゼーレ)関連の謎

 

特務機関 NERV(ネルフ)の謎

 

使徒の紹介!名前に隠された秘密

 

謎多きエヴァンゲリオンの用語解説&ストーリーやセリフの解説

 

わたしの愛すべきEVAグッズたち公開ちゅう!

 

わたしが行ったエヴァンゲリオン関連イベント

 

おすすめ通販サイト