EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

「LCL」とは?なぜ、"人間に戻れなくなる"のか。サルベージ計画とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

これはまず、★A.T.フィールドとロンギヌスの槍、カシウスの槍。"リビドーとデストルドー"
のページを読んでから見てください。

では、まずLCLとはなんぞやってところからお話します。


エヴァで非常によく出てくる名前ですが、これはエヴァのエントリープラグ内を満たしている液体のことです。
sitagakisinji.jpgのサムネイル画像


パイロットがエヴァを操縦しているときは透明で色はついてません。

これは完全にエヴァと神経伝達が完了すると透明になり、もともとはオレンジっぽい色です。


マリがシンジに「LCLの匂いがする」ってセリフからもわかりますが、LCLは無香ではないようで、血液の匂いが少しするみたいです。

血液の匂いがするのは、このLCLがリリスの体液から作られたからで、ターミナルドグマにてLCLが生産されています。

※ちなみに、右の画像は下書き状態のもの。
転載禁止ですっ
完成品は登場人物のシンジのページにあるよん。


このLCLには酸素が含まれていて、直接肺に取り込むことでパイロットは呼吸ができます。

呼吸が出来るという役割だけではなく、戦闘時などの衝撃吸収などの効果もあります。


こんなことからLCLは羊水のイメージと同じものです。


ATフィールドのリビドーとデストルドーでも解説したように、生への衝動が弱まり、ATフィールドが保てなくなると、死への衝動、デストルドー。
つまりエヴァの世界においては、原始への帰還願望

このことから、シンジのサルベージ計画のときのように、自我境界線(ATフィールド)が保てなくなり、初号機のエントリープラグの中でLCLとなってしまいました。

リツコなどのセリフから、LCL=生命のスープ


このLCLに溶けてしまった状態を、他人との境界線がある状態、つまり再び人の形を形成し、精神を定着させることが「サルベージ」


この作業が、サルベージ計画です。

人間の世界では、他人との境界線、他人との壁、これがあって「自分と他人」が存在します。

つまり、これがATフィールド


他人との境界線がない世界、壁のない世界、全てがひとつになっている世界、生命が誕生する以前の本来の状態、これがデストルドーの力、すなわち「L.C.L」への還元


ゼーレがよく言う、人類の補完、人類のあるべき姿へ、人類補完計画とは、生命のスープへの還元=L.C.Lへの還元であるということです。


これはセカンドインパクトでの状態と同じです。
セカンドインパクトについては詳しくはこのページへ。


また、「Air/まごころを、君に」では、シンジの精神世界での葛藤のときでも、このLCLへの還元、要するに全ての生命とひとつになること、自分と他人との境界線がなくなり一つになること、これの葛藤のシーンがあります。



LCLへと還元され、自分と他人との境界線がなくなれば、もう他人との距離や自分が傷つく、嫌われる、必要とされないことへの恐怖はすべてなくなるわけです。

この描写は、シンジの心の闇としてストーリーの中でも頻繁に出てきています。

こういった「他人への恐怖」というのは誰もが持っているものでもあり、ですがこの他人と自分がいなければ、そもそも生命は生まれていません。


Airについては詳しくはこのページへ。

この世界をもしシンジが望んでいたら、人類の補完、つまりLCLへの還元が行われたのです。

こんな感じで、ATフィールドやサルベージとも深く関係しているLCLのお話でした。


<<前の記事「★A.T.フィールドとロンギヌスの槍、カシウスの槍。"リビドーとデストルドー"」へ
>>次の記事「NEON GENESIS EVANGELION Vol.01」へ


●関連記事
シンクロ率、A10神経ってなに?
EVAのコアと電源(アンビリカルケーブル)、そしてS2機関とは
"ゼーレのシナリオ"とは。ゼーレの人類補完計画。生命の樹について
アダム(白き月)とリリス(黒き月)とリリン、使徒とエヴァ。知恵の実と生命の実。









このエントリーをはてなブックマークに追加





シン・エヴァを含む、エヴァ最新情報!

 

 登場人物の解説、名前に隠された秘密

 

EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

 

エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

 

ZEELE(ゼーレ)関連の謎

 

特務機関 NERV(ネルフ)の謎

 

使徒の紹介!名前に隠された秘密

 

謎多きエヴァンゲリオンの用語解説&ストーリーやセリフの解説

 

わたしの愛すべきEVAグッズたち公開ちゅう!

 

わたしが行ったエヴァンゲリオン関連イベント

 

おすすめ通販サイト