エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

NEON GENESIS EVANGELION Vol.07

このエントリーをはてなブックマークに追加

第弐拾参話 涙(OAフォーマット版)、ビデオフォーマット版)
はじめに、このOAフィーマット版というのはテレビ放映されたものと同一で、ビデオフィーマット版というのは、OAフォーマット版に修正・追加がされたもので、基本的なストーリーに大差はあしません。


この違いまで記載するのは楽しみがなくなりそうなので、ここでは基本ストーリーだけ載せます。

あとの違いは、実際に見てみつけてみてください。(´∀`*)


ミサトは加持リョウジからの留守電のメッセージを聞いてこもってばかりだった。

アスカも家には帰らず、ヒカリの家で居候していた。

先日ゼーレの許可なしにロンギヌスの槍を使用したことに対して尋問を受けているゲンドウ。

そこへ冬月から使徒が出現したとの一報が入った。


零号機と弐号機が出撃、弐号機は囮程度でしか見られていなかった。

すると、その第16使徒アルミサエルは零号機への一次的接触を積極的に試みているようで、エヴァとの同化を開始する。

弐号機で攻撃命令が出されるものの、アスカと弐号機のシンクロ率は二桁を切っており、弐号機の起動が行えなかった。


零号機へ侵食し、使徒は人の気持ちを探るかのようにレイに語りかけている。
それは、さみしさや孤独、レイの心の中にあるものそのものだった。


侵食が進む中、ゲンドウは初号機の凍結を解除、出撃を命じる。

初号機が出撃するも状況は変わらず、結果的にはレイのの自爆により使徒は殲滅された。


死んだかと思われたレイは、生きていた。
そして、自分が3人目だと言った。

そして終盤には、リツコからエヴァと、レイ、そしてダミープラグのコアの生産場、重大な謎が明らかにされます。


第弐拾四話 最後のシ者(OAフォーマット版)、(ビデオフォーマット版)

自分はもうないと悟るアスカ。

一人たたずむシンジの横で、フィフスチルドレンである渚カヲルが現れる。

人類補完委員会が直接ネルフに送り込んできた渚カヲルに警戒するミサト。

シンクロテストでは、コアの変換なしにシンジやレイの記録をもはるかに上回る数値を見せた。


シンジはカヲルと接するうちに、彼の言葉に次第に惹かれていた。

未だカヲルの正体をMAGIすらつかめず、リツコに問いただすも「最後のシ者」であることしかわからない。


そこへ、カヲルはエントリープラグの挿入なしで弐号機を起動、セントラルドグマへ降下。

パターン青、使徒であった。


シンジは、せっかく信じることができたカヲルが、父親と同様に自分を裏切ったことでカヲルに嘆いていた。

セントラルドグマにてカヲルは、そこにいた巨人がアダムではなくリリスであることを初めて知る。


シンジは、葛藤しながらも目の前の使徒であるカヲルを殺すこととなった。



この「NEON GENESIS EVANGELION Vol.07」のDVDはここで購入できますよヽ(*´з`*)ノ



<<前の記事「NEON GENESIS EVANGELION Vol.06」へ
>>次の記事「NEON GENESIS EVANGELION Vol.08」へ


●関連記事
★MARK.06、第13号機パイロット:渚カヲル。 第1使徒?17使徒?
弐号機パイロット:式波・アスカ・ラングレイ(惣流・アスカ・ラングレイ)
シンクロ率、A10神経ってなに?
第3使徒から第18使徒までの解説









このエントリーをはてなブックマークに追加





シン・エヴァを含む、エヴァ最新情報!

 

 登場人物の解説、名前に隠された秘密

 

EVA初号機からすべて解説!EVAにまつわる謎

 

エヴァンゲリオンのストーリー解説!最新Qまで!

 

ZEELE(ゼーレ)関連の謎

 

特務機関 NERV(ネルフ)の謎

 

使徒の紹介!名前に隠された秘密

 

謎多きエヴァンゲリオンの用語解説&ストーリーやセリフの解説

 

わたしの愛すべきEVAグッズたち公開ちゅう!

 

わたしが行ったエヴァンゲリオン関連イベント

 

おすすめ通販サイト